上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今年も残すところわずかになりました。

やり残したこと・・・数知れず・・・

巷では大掃除が話題の今日この頃。
我が家では 
パパ・・・毎週のように執り行われる「忘年会」いったい何を忘れるの?年に一回忘年会でしか顔を淡さ根い方たちと・・・
Y坊・・・期末試験まっただ中。カメの歩みにも及ばない速さではあるものの成績は上昇中!???本人はいたってのんき。普段の部活にどっぷりの生活からしばし解放され、気が抜ける抜ける・・・本末転倒じゃ・・・
J坊・・・相変わらず、地道な生活ですが・・・そろそろ塾とサッカー、受験とサッカー、受験とお友達、受験と趣味・・・どれを選ぶ?と責められる生活。週に二回の塾の授業に加え、家では超甘やかしの母のもと、はかどらない宿題をこなすため一日は宿題のため週に3回の通塾を地道にこなしています。一見すごいようにも思いますが、結局強制されなきゃできない・・・これっていいのかしら!???
ママ・・・11月に2年ぶりに家中の網戸を洗い、換気扇を掃除するも、後が続かず・・・同時にこなすはずだった窓ふきもしないまま、換気扇はすっかり元通り汚れが付いてきて・・・ストップしたままの大掃除が再開されることなく、現実逃避からクロスステッチを再開。どうしましょうね・・・

結局、好きなことしたいのよ!!!

クロスステッチ 1~8月 クロスステッチ 7月 クロスステッチ 8月

... 続きを読む
スポンサーサイト
いや~
ホントにご無沙汰です。そろそろブログも THE END かしら・・・って弱気な日々でした。

でも、ネタができたら復活したくなりました。



J坊昨日のサッカーの試合。

結果 0勝3敗 ・・・

相変わらず、勝利の神様には見放されてます。


でもね。


ついに念願の 1得点!!!


いつもディフェンスのポジションを命じられるJ坊ですが、昨日は1試合目ディフェンス、2、3試合目はMF!!

そしてついに念願のゴーーーーーーーール!!!


思わず、母は飛びあがっちゃったよ!!


最近、チームも仲間割れが表面化しつつあり、決して前向きなチームとは言えなかった。

でも、絶対やめたくない!!

って言いはるだけあって・・・

執念の一得点!!!


難しいお年頃ですが、まだまだ可能性は無限大!

尻ごみしていたトレセンにも、思い切って「参加したい!!」と言ってくれる日も近いと信じてるよ!!
2011.09.28 しばし…
9月に入ってからパソコンが突然動かなくなりました。
まったく電源が入らず・・・
アダプタの故障かと思っていましたが、本体の故障だったようです。
3週間ほどパソコンの無い生活をしました。
普段、特に必要というわけでもないのですが、暇を見つけては開いて、ついいろんなことを調べてみたり・・・
ないからといって不便なのだろうか・・・
ない方が日々の生活がうまくいくかも・・・
などと思っておりましたが、実際にない生活を送ってみると・・・

お出かけの際の乗り換えを調べるの苦労する。
目的地の情報が得にくい(アクセスや営業情報など)
普段当たり前にやりとりしている資料が届かない。ボランティアとはいえ色いろな仕事に支障が・・・

ありがたいものだったのですね。

で、この夏、会社の節電対策で、半日、又は一日在宅勤務なるものを取り入れていたパパは結局満員電車に揺られ会社に行って、冷房の設定温度を控えた蒸し暑いオフィスで仕事をすることに・・・
実はこの節電対策、我が家にとってはいい迷惑・・・
普段つけないエアコンをパパ一人のために使ったり、パソコンを占領されたり、予定外に早起きを強いられたり・・・
で、この夏、我が家はあろうことか数年ぶり、いや、過去最高の電気料金の請求が来たのでした。
やれやれ・・・罰則がなくてよかった。

そんな、3週間余りの間に

夢をかなえるゾウ 文庫版夢をかなえるゾウ 文庫版
(2011/05/20)
水野敬也

商品詳細を見る


という本を読みました。
かなり話題になった本だということですが、知りませんでした。
いろんな意味で面白い本でした。
いろんなメッセージが凝縮されているので、何度も読み返せば、人生が豊かになるのかも・・・
Y坊は私の読んでいる本を横取りするのが好きで、実は旅行中も持ち歩いていたのですが、Y坊にまmっまと採られてました。
で、学校でこの本の話をしたらしく、先輩数人もすでに読んでいたんだそうです。

そんな彼がこの夏はまった本

ぼくらの七日間戦争 (「ぼくら」シリーズ)ぼくらの七日間戦争 (「ぼくら」シリーズ)
(2007/01)
宗田 理

商品詳細を見る


いやあ、懐かしいです。
たしか、私が中学生のころ映画化されていたと思うんです。
童話館の配本で来て、読み始めたら止まらなくなって、すぐに読み終えたのに、何度も読み返し、重いのに毎日カバンに入れ、シリーズを借りてきて読んだら?と言うも、一冊借りたきり・・・これがベストらしいです。

で、おそば背ながら私も読もうとするのですが、なんだか睡魔に勝てず・・・
近頃は、家で読めないので、2週間に一度の習いごとの帰り、一人でスターバックスにより、ランチしながら読書するを習慣化したいと思っているのですが、そんな公の場でもウトウト・・・
なんだかな・・・やはり活字嫌いなんだな・・・

それでも、今、面白いと思っている本は
ニューヨークのとけない魔法 (文春文庫)ニューヨークのとけない魔法 (文春文庫)
(2007/02)
岡田 光世

商品詳細を見る


という本で、都会嫌いの私がこの夏NYで感じたちょっと嬉しい感覚。
ただの都会だろうと思っていたNYが思いがけず気に入った私のにたかが二泊三日ほどで)心にドンピシャな感覚の本だったのです。
まだまだ、アメリカ旅行のことも書きたいのですが・・・

飛行機で読もうと楽しみにしていたのに、結局読めなかった本を読んでみました。

愛しの座敷わらし 上 (朝日文庫)愛しの座敷わらし 上 (朝日文庫)
(2011/05/06)
荻原 浩

商品詳細を見る
  
愛しの座敷わらし 下 (朝日文庫)愛しの座敷わらし 下 (朝日文庫)
(2011/05/06)
荻原 浩

商品詳細を見る


私のお気に入りの荻原浩さんの作品です。
なんとなく手にとって買ったのですが、来年GWに映画公開されるそうです。で、水谷豊さんが演じると言うので、私にははまり役です。
荻原浩さん、だんだん、重松清さんとダブってきました。
どちらも読みやすくて私は大好きな作家さんなのですが・・・

で、この座敷わらし・・・読みながらちょっとぞぞっとする感じもあり・・・
というのも、私の両親の其々の実家にもいるのではないかと思ってしまうからです。
普通の田舎の・・・多少地主的な家。
古民家で、外回りに廊下があり、離れ座敷があったり、土間があって、太い梁があって、梯子みたいな急な階段があって、二階の天井はやけに低くて、あちこちでミシミシ、キシキシ・・・
私も、おおらかに座敷わらしを受け入れられるといいのですが、やはり、幽霊か妖怪としか感じられないだろうな・・・
とても印象強いのが、中学生の梓美。いじめに苦しんでいて、解決できないもやもやのまま転校。だけど転校先ではうまく友だちができます。自分で一歩を踏み出したところがすごいな・・・ただ、前の学校のもやもやはどうなるのかな?そんな心配も・・・でも、強くなった心があるので大丈夫なのかしら・・・作者が男性だからか、この部分だけが珍しくしっくりこなかった。思春期の女子、そんなに甘くないんじゃないかな?って思ってしまうのは私だけかなぁ・・・

とりあえず、面白かったです。

子供たちにもっと読書しようよ!って口では言ってしまうのですが、まずは私が読書しなきゃね。
子供たちが、「このホン面白いから読んでみて」と言ってくれるのですが、私は読むのが遅くてなかなかそっちまで手が回らず・・・しかも、夜、読もうと思っているのに気が付いたらうつらうつら・・・
読書は趣味なんだからあせらず・・・でも、いい本との出会いはやはりウキウキ前向きな自分に出会えます。

... 続きを読む
予想以上に楽しかったNY滞在最終日、お昼前までは時間があったので名残惜しんでホテル近辺をぶらぶら・・・そこでハプニング!!
パスポートなどの貴重品をチェックアウトしたホテルの部屋のセーフティボックスに忘れていることが発覚!!あわてて採りに戻り一件落着。よかった~
NYがあまりに安全だったので平和ボケしてました。

さて、午後はいよいよ今回の旅行の最大目的であるITHACAへ・・・
ニューヨークのニューアーク空港へ。
ところが、案内通りのGATEへ向かったにも関わらず、GATEが変更になっていて…
さらに予定時間を1時間半以上も遅れての出発。
ニューヨークの空港は半端なく広いので移動もうんざりするほど遠い!!
予定外に時間が空いたので、空港で昼食。飽きもせずピザをほおばるY坊を見ないふりして、私はマフィンで軽~く。

ようやく、ニューアーク空港から4O人ほどしか乗れない小さな飛行機で一時間弱。
小さな飛行機とはいえ、ほぼ満席。
NYからの距離は400km(?)東京~名古屋間ほどです。

喧噪のNYとは一転。こちらは緑豊かな田舎町。

今回の旅行の目的地がなぜITHACAか・・・

それは、19年前にパパが卒業した大学があるからです。
社会人になってからの海外留学。
パパにとっては念願だったようです。
子供時代からかなりハードに勉強してきた(半分はさせられていたのでしょうが)パパにとってはご褒美の留学だったのでしょう。
かなり厳しい条件をクリアし、残念ながら一年以上の滞在は認められませんでしたが、会社からの留学ということで、学費生活費は会社もちという好条件での留学でした。
とは言え、かなりの英語力も要求されたようなので、遊んでる暇はあまりなかったようですが、とにかく充実した一年だったようです。
だから・・・パパは海外特にアメリカに到着するとハイテンションになるのでしょうね。

前置きが長くなりましたが、その大学というのが、ITHACA にあるCORNELL大学
この街は、ホントに田舎町なので、このcornell大学と ITHACA college という学校以外にこれというものはないところ。だから、街に住んでいる人もほとんどが学校関係の仕事をしている人か学生と言った感じだそうです。
何とものんびりしていて、一歩足を踏み入れた途端、「帰りたくない!!」と叫びたくなるほど・・・

パパがどうしても家族と来たかったという強引な気持ちがあってよかった!!
留学中、やはり慣れない生活でいろいろさびしい思いや苦労もあったのでしょう。家族、夫婦連れで来ている人がうらやましかったのかもしれないですね。

ほぼ20年ぶりではあるけど、なんせ田舎街。それほどの変化は見られないようです。
変わったことと言えば、以前は年間100人ほどいた日本人の留学生が激減し、今は同じアジア人でも中国人、特に韓国人が増えているそうです。確かにNYでも多かった・・・

さあ、パパの懐かしの場所へ・・・
まずはレンタカーに乗って・・・
久々の海外での運転にドキドキでしたが・・・
今のレンタカーにはしっかりGPS ナビちゃんも付いてます。おかげで貴重な体験もできました(?)
この後、3泊する間の我が家のパートナーとなりました。
ithaca レンタカー2

さて、まずはホテルに向かおうとしたのですが、入力したはずのホテルに行く道がどうもおかしい・・・どうやらナビちゃんと気が合わなかったらしくのどかな湖畔方面へと我が家を導くではありませんか・・・
軌道修正して街の中心部にあるホテルに到着。中心部とは言え何とものどかです。

飛行機が遅れたため予定外に遅くホテルに到着しました。
チェックインを終え、部屋に入ると、疲れた母は一人ベッドでゴロン。
その間、子供たちとパパは、ITHACAのダウンタウンを散策。コンビニや雑貨屋さんを見つけてきたようです。

その後家族そろってひと眠りし、この日は日本食店へ・・・

大学のすぐそばです。
ナビちゃんのガイドで今度はうまく到着。

ithaca 5

このお店、オーナーが変わったのか名前は変わり我が家のファミリーネームと同じ「MI○○KE」でした。パパが在学当時も日本食店だったようで、内装などはあまり変わっていないということです。
ところが、久々の日本食に少々期待していたのに・・・
アメリカンサイズにアメリカンな日本食。
3人前のお寿司が大きな舟盛りで出てきたり、焼き肉丼を注文したのに出てきたのは、牛丼もどき・・・しかも平皿に・・・
それでも繁盛してました。
アメリカ人の味覚ってやっぱり理解できない。

そんなちょっとがっかりや夕食時、どうやっても船を漕いでしまうJ坊。
時差ぼけと疲れで旅行中ほとんど美味しい夕食が食べられませんでした。
この日も何とかみそスープをすすっただけ・・・

パパ&Y坊の食いしん坊バッテリーと食い気より眠気のママ&J坊バッテリー
こんなところで濃厚なDNAが現れるんですよね。

さて、そんなこんなでITHACAでの第一日目が無事に終了しました。
... 続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。