上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今年も地味に学校でクラス委員をやってます。

すでに三度目ですが、毎年メンバーが変わるのと、自分にも貫禄が加わるのでいろいろ見方が変わってきます。

先日、月に一度の委員会がありました。

今年は昨年も一緒に委員をしたママ友が委員長です。
ホントに適任なのですが・・・
立場が変わるといろいろあるものですね。

昨年はただの委員だった彼女(でもすでに上のお子さんでも経験済みだったので3回目です)、委員会ではきはき発言しました。いろんなことを言う方がいるのですが、私は全く正反対の性格にうらやましさと頼もしさを感じていました。
「言いたいこと言って・・・」ととらえられることもあり誤解も受けていたようですが、私は一緒に活動していたので、口も出すけど手や頭はもっとしっかり使ってくれる彼女を頼りにしていました。だから。今年は引き受けないはずの委員も引き受けたのでした。

さて、キチンと自分の考え、目指すもの、ポリシーそしてヒトを仕切る時に必要な視野を持っている彼女ですが、やはり、恒例の委員会主宰のイベントには頭も気も使うようです。

前もって委員さんから意見を吸い上げ、それをもとにひと月の間代表さんで話し合い、今回の委員会で決定すればよいところまで準備をしてくれていました。
色いろなことを考慮し絞ってくれた候補には
・防災関連(震災もあったことですので消防署の方のお話や救急救命のことなど)
・落語(市議会議員に落語家がいるので)
・盲導犬に関する講演会(毎年候補に挙がるようです)
・ピアノコンサート(秦真理子さん)
・義援金バザー

など、
それぞれ知恵を絞ってくださったことはよくわかります。

で、委員長はバザーがおススメでした。もちろん、私も前もって意見を聞いたときから大賛成。
でも、結果は・・・ピアノコンサートを推す方が多く、つづいて落語、そして3番目にバザー・・・
昨日のうちにピアノは日程が合わないことが判明し・・・つまり落語に・・・
委員長の意思とは全く無縁でしたので、やる気の萎えてしまった彼女。近くで見ているとかわいそうです。

では、なぜ、こうなったか・・・
バザーって大変そう。手作りなんてできないし・・・準備にかりだされるのはちょっと・・・

幼稚園ですでに経験されている方はなおさら・・・
大変そうなことはやらないに限るんですよね。

結局、代表さんたちがあれこれ準備してくださったら、後はほんの少しお手伝いすればいいのですから私は楽ですけどね・・・
・今年じゃなきゃだめなんだよね、このバザーは・・・
・不用品は売れ残った後のことを考えるとなしの方がいいわね(捨てるのにもお金がかかるから・・・)
・材料費はイベント費から出せば個人の負担はなくてすむし
・作り上げるのは数に限りがあるから、キットを販売したらもっと寄付金に回せるわね・・・

彼女の前向きな考えがギュッと凝縮されていて、全体を見通して考えていて素晴らしいなって思っていたのでホントに残念です。

幼稚園のバザーを経験しているので大変なのは理解できるけど、こんなにあっさり却下されるものなんだ・・・
ってなんだかジェネレーションギャップを感じたのでした。

中には「放射能についての講演会」が先ではないかという意見もありました。
でも、彼女は冷静に「誰がホントのことを話してくれているのかわからない中で、無責任に講師を選んでしまったら、この講演会に来た人はそれが正しいと思ってしまう。それは違うんじゃないかと思うんです。講師選びに責任を持てないので、それは学校にお任せしたいと思います」とはっきり!!
私、ちょっと感動しました。

Y坊もJ坊も同級生なので、まだ、お付き合いが続きそうです。頼もしいお友達の一人です。




スポンサーサイト
2011.06.21 育児は大変
J坊の学年に、震災の後、少し不安定な親子がいます。
私にも何かできるのかな・・・
ということを考えました。

うかつに素人が口をはさむのも危険だと思うので少し周りから様子を聞きながら、カウンセリングを進めようかなと思っています。


J坊のお友達にママがミャンマー人の子がいます。
こちらではハーフの子は決して珍しくなく、英語圏というよりは、肌の黒い人種、中近東系、そしてアジア系・・・珍しくないどころか運動会で活躍すのは決まって、ハーフの子供たち!!がんばれ日本の子供たち!!
そんな家庭のあることは普通に受け入れられるのですが、たまたまKくんはご近所で今年は同じクラスで、子供同士も接点があり・・・そんななか、あることが私の耳に入ってきました。
漢字が苦手。漢字テストで20点ほどしか取れないというのです。
3、4年生というのは漢字が急に難しく寮の増える時期です。まさにそこで止まっているのではないかと思います。でも、ママは、外国人、お話はできるけど・・・
と、なると教えてあげることもできない。
公文に通い始めたけれど・・・そんなに急に力の付く勉強法ではなく、どちらかといえば地道に続けて将来やっとその良さがわかる教育方法・・・
ママは個人面談で先生にしてきされるらしく・・・でも、本人は兄弟(小1の弟、0歳児の妹)が遊んでいるのに自分だけ勉強するなんていやだ!テストなんてできなくてもいい!・・・
まさに、悪循環の典型。我が家でも経験があるのでよくわかります。
かわいそうなのは、ママが日本語は上手に話しますが、細かいことまで理解するのは難しく(かなり実についていますが)漢字ができない(ミャンマー人ですから)、フォローしてあげられない。自分も追い込まれちゃうんですよね。
9歳の壁に追い打ちをかけられているという感じなのかな?

こんなとき、学校ってフォローしてくれないものなんでしょうか?
話によると、Kちゃんは、「**くんはぼくよりもっと点数が低い」というのだそうです。
私が驚いたのは、正直、そんなに漢字が追い付いていない子がたくさんいることと、それをフォローするのはあくまで家庭なの?ってところです。

Y坊が6年生の時にも驚くべき事実はたくさん目にしましたが、子供たちが少しかわいそうだと思いました。
子供にとって楽しいゲームや情報、スペースはドンドン増え続ける・・・つまり、昔より誘惑は多くて、自己管理が大変なのに、フォローしてくれる大人はいないの?と・・・

無力な自分にいらいらするのですが、この先、日本は大丈夫なのかなってつくづく・・・

私がなぜ、こんなに引っかかるのかというと、Y坊が私立の中学に進学し、ホッとしたのもつかの間、のんびり屋の彼はホントについていけずかわいそうなんです。
でもね、学校がすごく親身になって面倒見てくれるんです。
今の彼は高いと言われる学費をフル活用してくれてます。課外授業(部活)宿題、小テスト、補習、再試など・・・
ほとんど休みのない部活で、色いろなことを学び、授業では熱心な先生に指導され、テスト、コンテスト・・・と試験づくめではあるものの、点数が悪ければできるようになるまで面倒を見てもらい、特にのんびり屋の彼はノートを取るのも遅く、心配だからということでいちばん前の先生の目の届く席に移動させられ・・・本人にとってはつらいこともあるでしょうが、彼がさほど荒れることなく過ごせているのは受験で多少なりともプライドが持てたことと「やりなさい!「ききなさい!「どうしてできない」・・・と責められることが少なく、一つ一つ納得する形でフォローしてくださる先生に恵まれているからだと思います。親としてはホントにありがたいです。
校長先生は「生徒の成績が悪い、生徒が勉強しない・・・は教師の責任」と言って教師たちを指導しているそうです。先生方にはできの悪い生徒の親として頭が上がりません。

ここまでのことは望みませんが、公立の学校でももう少し、学校と家庭の連携が取れたらいいのになと思います。
もちろんそれ以上に厄介な問題も山積してますからね・・・


... 続きを読む
以前から欲しいな!って気になっていたものがありました。
携帯を首から下げるちょっとかわいいネックストラップ。
でも、肩こりの激しい私には無理でした。

でも、どうしてもかわいくて・・・

そのかわいい商品を扱うお店を最寄りのターミナル駅近くに発見。
いてもたってもいられず、取り急ぎ、母の日に・・・と、思ったり、Y坊の入学祝いのお返しに・・・と思ったり、MY birthday のために・・・
なにかにかこつけて購入したいと思っていました。

そして、先日、とうとう、覚悟を決め、全部まとめて購入しに・・・

ネックストラップはあきらめ、バッグストラップに・・・

まず、母の日。
すでに70歳を超えた母ですが、まだまだ元気なので、ちょっと若者の仲間入りにと・・・
選んだ組み合わせは

母の日

水色のバッグストラップに淡い色のフラワーをくっつけ、オレンジ色の蝶々がゆらゆら。結構さわやかな感じに・・・

そして、義姉に
Y坊の内祝いなのに義姉のものを送るのはどうかとも思ったんだけど、ま、ちっちゃいことは気にしない。
選んだ組み合わせは

義姉に・・・

ネイビーのバッグストラップに赤のくまさん、ストラップにスイングハートをプラスしました。

そして、自分用に

自分のために・・・

大好きなテリアモチーフにクローバーのアクセント、悩んだ末にバッグストラップはブラウンに、そして、お花をプラス。

悩みぬきましたが、どれも気に入っています!!

... 続きを読む
早いものでGWが終わってしまいました。
このひと月、我が家では・・・

特に変わったこともなく・・・

Y坊はようやく学校にも慣れてきました。
その分、疲れも出てきましたが・・・5月病も心配。
クラスでお友達もでき、とうとう部活も吹奏楽部への入部を決めました。

4月中旬にY坊の学校でPTA総会とクラス親睦保護者会がありました。
母一人で出かけました。知り合いもいないのでドキドキでしたが、ホッとしました。
PTAは中学高校合同です。会長、監査など、主要なポストにはお父さんの名前が並び、裏方にお母さんたちの名前が並びます。そのためか、きりっとした雰囲気の中でも、余裕があり、しまった感じがしました。
PTA行事も楽しそうで、お父さんたち向けは年4回ほど園芸活動サークルなるものがあったり、平日の開催ですが、聖歌を歌ったり、聖書の勉強会があったり、演劇鑑賞や日帰り旅行など、ちょっと魅力的でした。
私は早速明日、聖書関係の集まりに参加してくる予定です。
パパは園芸に参加してみようかな・・・と。
支払う学費その他が高額なので、できれば、参加していきたいなという印象を持ちました。

クラスの保護者会で、こちらでもクラス役員を決めるのですが、前もってできる、できないというアンケートが先生から配られており、それを踏まえて、自己紹介の後、先生主導で決めます。(小学校は保護者の仕事なので気まずかった…)
そちらも活動が土日ということもあるのか、すんなり決まり、とても気持ちよかったです。
その後、Y坊から名前を聞いていたお友達のお母さんに挨拶したり、先生に少し相談事をしたり・・・
そんな中で、Y坊から名前を聞いていたお友達のお母さんに声をかけてもらい、なんだか意気投合。
子供の話をするにつれ、そっくりなわが子たち。
せっかくなので…とお茶をして、初対面とは思えないくらいいっぱいお話をして、いい出会いでした。
その後、そのお友達と一緒に吹奏楽部への入部を決めたのでした。
剣道部やサッカー部、バスケ部、ほかの部も見てほしかったけど、思いのほか意思が固いので・・・
とりあえず、一件落着。試練はこれから乗り越えてもらいましょう。

大震災を機に、Y坊の学校でも申請が必要だった携帯電話の所持も許可されました。
ただし、学園内では電源オフ。使用が見つかったら没収。生徒への注意。その後保護者が学校まで取りに行くという厳しい規定ができました。
通学に時間がかかるのでY坊にも持たせたいと思っていたところ。とりあえず、塾通いで使用していたトランシーバー携帯(パパ、ママの電話CメールにしかつながらないEメール、インターネット不可)を持たせることに。
と、なると、塾通いのJ坊の携帯が無くなるので、我が家ではもう一台トランシーバー携帯が必要かも・・・
悩むところですが、親としても安心感があるし・・・

ま、そんなこんなで、部活が始まり、帰りが遅くなったり、委員会活動で朝早く出かけたり、間もなく初めての定期テストがあったり、まだまだ緊張感が抜けない生活ですが、少しずつ制服も様になってきました。


J坊は・・・
こちらは新しいクラスに翻弄されながらも、相変わらずひたむきに・・・
塾の宿題に追われる姿が痛々しいです。
それでも努力は報われるのか、塾でのテストの結果が認められ、選抜クラスへの特別参加のお誘いが・・・
残念ながら、母もJ坊もそれほど魅力的には感じず、まだまだ4年生、今からそんなに躍起になるほど勉強好きではないことを思い知らされたのでした。・・・というより、宿題に追われ、勉強嫌いになりつつあるJ坊の生活に戸惑いを感じる今日この頃です。

そんな我が家のGW。
この数年、あまり、活動の無かった我が家でしたが・・・
5月1日に主人の実家で報じがあるため帰省。
残念なことに、Y坊の学校の土曜授業のことをすっかり忘れて予定を立ててしまっていたため、J坊とパパは二泊、Y坊と母は一泊でのあわただしい関西帰省となりました。

そして5月3日。GWだというのに、関東在住の我が家が東京ディズニーシーへ出かけました。
あいにくの空模様でしたが、昼過ぎまでは雨ももち、お目当ての乗り物にも乗れました。
要領も悪く、下調べもないままだったので3時間待って3分のアトラクションには閉口しました。
子供たちからは口をそろえて
「東京順番待ちランド」との異名を命名されましたが、物ごころついてから初めてのディズにリゾートに子供たちは大満足のようでした。
母としてはせっかくなのでもう少し、ショーやステージを見たかったのですが、準備不足でした。
しかし、高~い!!

でも、先日、テレビで大震災時のディズニーランド、およびスタッフの方々の対処を見て、感動しました。ディズニーランドで働くということがプライドなんだと・・・
昔、バリ島で泊まった、ちょっとお高いホテルの従業員さんを思い出しました。
どんな仕事でも、仕事にプライドがあるかないかで、有事の対処が大きく違ってくるのでしょうね。

大阪西成地区の職業紹介所で、宮城と偽って福島への仕事をあっせんしていた問題。あれはもしかしたら、労働者をバカにしていたんじゃないかなってニュースを見ながら思った私です。

... 続きを読む
新学年がはじまり、バタバタの毎日です。

なによりも、保護者会があるシーズン。
そして、役員決め・・・

2年続けてのクラス委員を経験し、いろいろ勉強になりました。
はんせいは尽きませんが、ま、これも自分です。

そして、今年度、今度はJ坊のクラスでクラス委員をすることに・・・

今年は委員長を先に決めてしまうという新しい試みが始まり、J坊と同級生のママが委員長になることが決まっており、代表はせずに済む・・・なんてお得な・・・
その方とは昨年度、つまりつい最近まで一緒にクラス委員をしていたこともあって・・・
今年は、引き受けないつもりでいたのに、つい手を挙げてしまった私。
う~
後悔しないでもないのですが、ひきうけたからには自分にできることはしようと思っています。
候補者が数名いたので、くじ、又はじゃんけんだと思い、軽い気持ちだっただけに・・・
ま、ここまできたら下がれないです。


さあ、新学期。
親も子も気になるのはクラス替え&担任の先生。

J坊。
年々、心配になります。
元気いっぱいの反面、人見知りもあり、引っ込み思案もあり、周りが見えすぎてしまい・・・
今、苦悩してます。
でも、私、そっくりなんです。多分・・・
だから、余計に心配で・・・
でも、余計にかわいらしくて・・・
がんばれ!!

Y坊
こちらも心配は尽きません。
あんなにたのしそう・・・かと思っていた小学校なのですが、一人ちがう学校に進んだこともあり、週末も、帰宅時間の早い日も誰を誘うことも、誘われることもなく、相変わらずJ坊たちと一緒の日々。
それでも、少しずつ、学校で友だちができているようです。
担任の先生は数学担当の女の先生。
どの先生もそうなのですが、安心して預けられる感じが嬉しいです。さすが、授業料が高いだけあるのでしょうか・・・新しい出会い、新しい経験をドンドン増やしてくれたら何よりです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。