上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日、学校のPTAイベントで
「大人のためのお話会」
というのがあり、参加してきました。
今回は 高橋圭子 さんという市民のかたで今は教育委員もされている方です。

高橋さんは同じ市内、実はものすごくご近所さんに住んでらっしゃる(私の散歩コース)方です。
数年前から市の教育委員をされています。
3人のお母さんで、上のお子さんの学校で読み聞かせを始められ、その後多方面で活躍されてます。

かわいらしい外見と聡明そうな顔立ち、とても明るくて好感のもてる印象で、女性から見ても目を引きます。
3人のお子さんを育てられ、今も思春期真っ盛りの末っ子の男の子がいらっしゃるということもあり、ホントにごく普通のお母さんの部分が私たちに近くて・・・
だからなおさら素直にお話に聞き入って・・・

そんなお話会の最中、近い存在だからこそ共感する部分も多く、読んでくださる本も身にしみて、なぜだか涙がポロポロ・・・

たくさんいいお話を聞かせていただき、今回は、音楽の生演奏のパートナーもご一緒でした。
となりの小学校では、歴史、国語の教科書などとリンクして学校とコラボしての活動もされているとのこと。
その熱心さと受け入れてくれる学校環境をとてもうらやましく思いました。

そんななかで、印象の残ったお話の一つが
相田みつをさんの「トマトとメロン」のお話。

トマトとメロン

トマトにねえいくら肥料やったってさ~
メロンにはならねんだなあ
トマトとねメロンをねいくら比べたって
しょうがねんだなあ

--------------------------------------------------------------------------------

トマトよりメロンのほうが高級だなんて思っているのは
人間だけだねそれもね欲のふかい人間だけだな

--------------------------------------------------------------------------------

トマトもねメロンもね当事者同士は
比べも競走もしてねんだなトマトはトマトのいのちを
精一杯に生きているだけメロンはメロンのいのちを
いのちいっぱいに生きているだけ

--------------------------------------------------------------------------------

トマトとメロンをね二つ並べて比べたり
競走させたりしているのはそろばん片手の
人間だけ 当事者にしてみればいいめいわくのこと

--------------------------------------------------------------------------------

『メロンになれメロンになれ!!
金のいっぱいできるメロンになれ!!』
と尻ひっぱたかれてノイローゼになったり
やけのやんぱちで暴れたりしているトマトが
いっぱいいるんじゃないかなあ

これを聞いて参加者はホントにハッとさせられました。

高橋さんは三人の育児をされてきたお母さん。だからホントに胸に染みたんです。
高橋さん自身が
「家での私は子供の顔を見るとガミガミ・・・ガミガミばばあなんです。だからこんな人の前で話せるようなことはないんです。でも、一冊の絵本にはすごい力があるんです。」と・・・

とても、心を洗われました。

私自身は、まだまだガミガミばばあの生活が続いていますが、ときどきふっと思い出したいことをたくさん教えていただけるお話会でした。
ありがとうございました。


... 続きを読む
スポンサーサイト
週に3回~4回の塾通いに加え、ドンドン回数の増える模試。
一体、こんなことでいいのだろうか・・・

それに加え、文化祭や学校説明会など何かと忙しく、Y坊の受験に絡み振り回され、Y坊自信も行きつく暇のない生活。
ま、悪いことばかりではないし、いろいろ勉強になります。

そんな忙しく、プレッシャーに押しつぶされそうな生活のY坊。

その反面、最近、急に将棋ブームの子供たち・・・
何かと誘惑が多いです。
将棋なら・・・と言いたいところですが、限られた時間は残りわずか・・・後悔が残らないようにはしたいです。

そこで、我が家では日曜の夕飯後のお楽しみのゲームタイムにかるたをすることがあります。
昨日は、都道府県かるたにJ坊のリクエストでことわざカルタ。
なかなか思うように知識は定着しませんが、ま、こんなもんかな・・・

さて、昨日、Y坊にことわざあてをしていた時のこと
「鬼の居ぬ間に・・・?」
「いたずら!!」
よくできました!!
あんまりにもかわいいので疲れがほろっととれた気がしました。


最近、親バカのネタがJ坊に偏り気味・・・
Y坊だってけっこういい味出してます。

昨日から、ぶつぶつしゃべり続けるY坊。
何をぶつぶつ言っているかというと(普段は母に文句を言ったり、自分の人生を嘆いたり…)
自分で作った物語をJ坊に語り聞かせているのです。
ふだんから、空想の世界は結構いけてるY坊。
残念ながら、国語力…これが足りず。
言いたいことや、話している内容はとても面白いのですが、日本語がメチャクチャで、おまけに自分でも、頭の中では出来上がっている物語を言葉にすることに苦心しています。
もちろん聞いている方も忍耐が必要です。
でも、昨日からの物語は、短編だったのと、自分の中でも整理できていたらしく、今朝も同じ物語を話していました。これは大したものです。
将来有名な作家になったときに、少年時代の作品としてお金になるかもしれないのでぜひノートに書いて残しておいて!と、おだて半分、学習させる気持ち半分で提案してみましたが、す~と耳から出て行ってしまいました。親の思うようにはなりません。
ならば、親が書き留めて…
ははは!親子です。できませんでした。

... 続きを読む
またまた親バカネタで~す。
読みたくない人は飛ばしてくださ~い!!

お手伝い大好き(?)なJ坊…
「J坊、お願があるんだけど…」っていうとだいたい
「***してほしいの?」
と、こちらの要望がばればれ…
その要望は、お風呂洗い、新聞を取りに行く、シャッターを下ろすく…などだいたい決まっているとはいえ、面白いほどばれてしまいます。
そこで
「J坊、何で、わかるの?」
って聞くと、
「だって、ママと僕はつながってるんだもん」って
答えが返ってきます。
「何がつながっているの」
「心が!」
きゃほ~い!!
これだからママはやめられないです。

そんな彼は、今日も一緒にお布団に入ってほしそうでしたが、
「先に寝てちょうだい」
っていうと、
「そうだ、クマと寝ようっと…」
と出来立てくまさんを連れてお布団に入りました。
あっという間に夢の中です。
今朝、学校の支度も自分でするようになり、手のかからなくなったJ坊の行動を見ていて、何とも言えぬ愛しさを感じ
「なんで、J坊はそんなにかわいくってお利口なの!?」
って聞いた母。(かなりの親バカよね)
そしたら、J坊の答えは
「だってママがうんでくれたんだもん」
だって~
もう、メロメロです~。
ママっていいね。

こんなこっぱずかしい日常ですが、思わず公開しちゃう私。
何言われても全然めげないで~す。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。