上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.08.30 私の中で…
6月に行ったウィーン少年合唱団のコンサート。
ホントに素敵でした。
ほんのひと時でしたが、とても心を洗われました。

でも、日々の雑事に追われ、すっかり忘れていました。
私の中にそれほど残っていなかったのでしょうか?
そうではなかったんです。
ふと、テレビ番組で全く違う歌からなのですが、アンジェラアキさんの「拝啓 十五の君へ」が頭をよぎりました。
そして、無性にピアノを弾きたい気持ちになりました。
とはいっても、全くと言っていいほど弾けないピアノ。それなのになぜか無性に…
こんなことはよくあるのですが、久方ぶりに楽譜をダウンロードしてみることに…
もちろんうまく弾けるはずもなく、メロディをたどるのがやっと…
でも、頭の中を流れるメロディはまぎれもなく、あの少年たちの歌声です。
あのコンサートで、彼らの歌ってくれたこの歌がそのままよみがえってきたのです。
なんだか、うれしくてうれしくて…
どうにかして弾けるようになりたいな…
一曲マスターするためのピアノ教室。よくあるのですが、弾きたい曲も見つからず二の足を踏んでいたのですが、ちょっと前に進めそうです。
二学期は役員の仕事も忙しくなり、プライベートも少々忙しい予感。でも、ちょっとマスターしたいんです。
やっぱり、あのコンサート、贅沢かなとも思ったけど、そんなことありませんでした。
... 続きを読む
スポンサーサイト
伸ばしのばしになっていたプラネタリウム。
残念ながら今日は月曜日。行こうと思っていた施設はお休みのところが多く、でも、腰の浮いたときに動こうと決め、小さいけれどプラネタリウムのある施設へ。
厚木市子ども科学館 小田急線の本厚木駅からすぐです。
行ってみて、ホントに小さく、展示品もほとんど手作りの自由研究って感じ…
母はともかく子どもたちがっかりするかな?って思いましたが、意外なほど目がキラキラ…
楽しいと言ってあちこちの装置に夢中です。
でも途中から小学生の団体(たぶん学童保育の子供たち)が入ってきて、狭い空間は満員。
おまけに、10時からの子供向けプラネタリウムがぎりぎり間に合わなかったので次の回を待っていたら、その団体さんも同じ行動で…とにかく私語も多くて大きい。
わが子たちも、学校からのお出かけならこんな風なのかな?Y坊はもうカンカンでした。
まあ、うちの子も態度がいいとは言えませんが・・・
肝心のプラネタリウムは内容が宇宙という大きなテーマで、季節ものの星座などの説明を期待していた私にはちょっと残念。子供たちがねむくなったり退屈したりする気持ちもよく分かりました。
でも、大きな大きな宇宙の話を聞いていて、地球の小ささ、そしてわが身の小ささを思い知らされました。ちっちゃなことにくよくよするのもあほらしいな…なんて思って帰ってこれただけでもよかったです。
でも、現実は厳しいのですが・・・

ビー玉ジェットコースター  大きなパイプの楽器  ふしぎなガラス  ソーラーでクッキング
2009.08.23 夏の風物詩
夏といえば、セミ。
毎日のように蝉取りに夢中だった年もありましたが、さすがに、最近はほかの楽しみもあるので・・・
でも、蝉は昆虫の中でも捕まえやすいので小さい子は小さい子なりに、大きくなればそれなりに楽しめるのではないでしょうか…
転居してからは、自宅から少し行けば、巨木の森のようなところがあるので、住宅街で捕まえられるのはアブラゼミがほとんどになってしまいましたが、だから、なおさら、ミンミンゼミやツクツクホウシは捕まえた時にうれしさも倍増です。
今日は、つまらなさそうにテレビを見ていたJ坊を連れ出し(それまでほったらかしで昼寝の親でしたが反省し…)コロンの散歩兼蝉取りに出かけました。
そして、今日は、今年初めてミンミンゼミを捕まえました。
今年の夏もようやく満足できました。
ミンミンゼミ   ツクツクホウシ   アブラゼミ

めでたしめでたし…
   
... 続きを読む
お盆休み。渋滞は相変わらずすごかったみたいですね。
我が家は相変わらず、お出かけもせず、家の中でゴロゴロ…

と、言うより…
宿題をほとんどこなしていないY坊のおしりをはたいてどうにか進めさせたという感じです。
プリント類はどうにか終了。
でも、肝心の自由研究が…
考えてみれば、やり方もわからぬまま研究といわれても…
一応夏休み前に、「星について調べる」というテーマは決めていたらしい。
でも、毎日観察するでもなく…
ようやく買ってきた図鑑。
でも、星なんてまた大きくて幅の広い課題…
ようやく、夏の星座について調べるというところまでこぎつけたものの、言われたことしかできないなさけない性格のY坊…横についてあれこれ言われてようやく動き出す感じ…
いい加減夏の暑さと兄弟げんかのイライラもぴーくにさしかかりつつある母、そんなに悠長に相手はできません。
ノートに3ページ書きだすのがやっとです。
どうしてうちの子は向上心とか、発展性とかが育たなかったのでhそうか…
孫の代にには解決してマニュアルを渡したい課題です。

母も同じですが・・・

さて、ようやく干し終えた梅干し。
天候不順でしかも初チャレンジなのでこれでいいのかと不安です。
でも、とりあえず、大丈夫だろうということで、市販のモミしそに付け込みました。
あと一月待てば出来上がり!!

梅干し しそ漬け

... 続きを読む
最近の母、小学生新聞を眺めては募集の記事、広告を探してます。
結構面白いものが多く目移りするのですが、今どきの小学生になりきっているY坊に少しチャレンジする楽しさを持ってほしいから…でも、結局はJ坊の楽しみになってしまうのですが・・・
どういうものかといいますと、今、チャレンジしているのは
  夢の自転車、近未来型自転車アイデア募集
  お絵かきコンテスト
なのですが、ほかにも山のようにあります。
選ぶ基準。それは賞品。
賞状くらいではもう喜ばないんです。だから、賞金10万円とか、図書券3万円分…
など、現実的にうれしいもの。ものすごく嫌な感じもしますが、ここまで来ちゃいました。
ちょっとしたご褒美なんて通用しないんです。悲しい現実ですね。
でも、目の色がキラッと変わるんですからそれもいいんじゃないかな?
二人でいろいろアイデアを出し、楽しそうですよ!
でも、Y坊はそう簡単なことでないことも分かっているので、力が入っているのはやはりJ坊。あっという間に面白い自転車を4台応募しました。
「10万円の使い道」この話題が今一番我が家を盛り上げてくれています。

... 続きを読む
この夏休み、子犬を飼い始めたこともあり、昼間も長時間は家を空けられない我が家。
ほとんど家で過ごしてます。
私は慢性的な運動不足が加速し、ちょっと身の危険を感じてます。
子供達は、学校のプール開放がお休みに入り、遊ぶ友達がそれぞれ出かけてしまうと退屈しか残らない毎日です。
Y坊は、友達を生きがいにしているので
「夏休みは2週間で十分だよ…」
と、さりげなく、しかし、痛烈にストレスをアピール。
J坊は、もともと、近所のほとんどのお友達がママの故郷に帰省しているため、夏休み当初から誰とも遊べません。もとtもと、ここのところ友達とは距離をあけがちだったので、いい気分転換なのでしょうか?ちょっと心配だったりもするのですが、あれこれお手伝いもしてくれるし、宿題もほとんど終わらせてくれているので、母はJ坊の親離れに新たなさびしさも感じてます。
まあ、今のJ坊は、コロンさえいれば、ほかには何もいらないくらいコロンを溺愛し、一日の大半をコロンとじゃれついている状態です。

そんな生活を眺める母も、申し訳ないなっていう気持ちはもちろんあります。
でも、母だっていろいろ提案するのですが、なかなか3人の意見がまとまらず…だらだらと、コピーのような毎日。

そんな我が家も、コロンのワクチンがようやく終わり、少しずつお散歩にも出るようになり、夕方、ほんの少しですが、連れだって散歩に出かけるようになりました。そして、ご飯の回数を少し早いのですが2回に切り替えています。だからそろそろお出かけ…
でもやっぱり熱い中、締め切った家に子犬を置いていくのはやはり不安です。

今日は、出かけるぞ!モードの母。
子どもたちに提案しました。

生田緑地に行き、プラネタリウムをみる
映画を見る
文学館によってから、買い物に繰り出す

母の予想外にどれも意見がまとまらず、結局、町に繰り出すことに…
まあ、いろいろ買い物もたまっていたし…
ということで、ホントに久々のお出かけとなりました。
子供の意見は無視し、母はことばらんどへ連れて行くことに決めました。
ここで、今、安野 光雅さんの絵の展示がされているからです。
安野さんの絵は好きです。特に子供のころから目にしてきた旅の絵本シリーズ。
行ってみて、思った以上に楽しかった。
旅の絵本Ⅱの原画を見ることもできたし、楽しい絵本を手に取ることもできました。
旅の絵本II (改訂版) (安野光雅の絵本)旅の絵本II (改訂版) (安野光雅の絵本)
(2006/11/16)
安野 光雅

商品詳細を見る


ふしぎなえ (日本傑作絵本シリーズ)ふしぎなえ (日本傑作絵本シリーズ)
(1971/03)
安野 光雅

商品詳細を見る

あいうえおの本あいうえおの本
(1976/02)
安野 光雅

商品詳細を見る

はじめてであう すうがくの絵本 (1)はじめてであう すうがくの絵本 (1)
(1982/11)
安野 光雅

商品詳細を見る


短い時間でしたが、すごく楽しかったです。
絵本を購入しなかったのが残念。いつの日か手に入れます!!

... 続きを読む
2009.08.09 夏祭り
昨日は、近所の夏まつりでした。
こちらにこして、ようやく地元のお祭りに参加できました。
でも、それはホントにちっさなちっさな夏祭り。
わたしが子供のころの地元のお祭りと同じくらい。
出店と言っても、地元の人がボランティアで参加するもの。
焼き鳥、焼きそば、おにぎり、串揚げ…金魚すくい.、駄菓子…

わたしの地元は、お店などなく、やぐらとその周囲でひたすら踊り、休憩時間に子供たちにアイスが配られるのみでしたから、それに比べれば十分でしたが・・・

でも、その出店の中でボランティアされているママたち…声をかけられ、よく見てみると、見たことのある顔触れでした。一年半で、私にも知り合いが増えたんだな!
しかも、学年はバラバラ…つまり、役員でお世話になっている方たち…
よく働く人達ってどこに行っても働いているな!ってつくづく…
子供会のお仕事だそうです。
子供会に縁のない我が家は羨ましい限りです。

そして、子供のお友達ももちろんたくさんいます。

Y坊のお友達。最近とても仲良くしているお友達です。
子供会からの参加でやぐらで和太鼓を打つ姿がカッコよかったです。
わたし、実はY坊には以前から和太鼓をさせたかったんです。不思議にリズム感のある子ですから…
引っ越し前も隣の小学校で教えてくれるというので通わせたかったのですが、時間が少々遅かったのと、まだ小さかったJ坊を連れての送り迎えに自信がなくあきらめたのでした。できるなら今からでも・・・・と思いましたが、Y坊は母の言うことは必ずノーというお年頃。残念です。母が習おうかな?
そして、この和太鼓で、一見今時の普通の中学生(?)らしき少年が、和太鼓のリーダー(指導者)らしく、その姿がカッコよくて…思わず、♡の目で眺めた母です。
「かっこいい~」とうっとりする母でした…
今の子どもたちにとっては、和太鼓もWIIの太鼓の達人も差はないようですが、母の眼にはやっぱり違います。音が違い、震動が違い、威勢の良さが違い…
その違いがわかるまでゲームはお預け…
でも、逆から入ってもいいのかな?とも思わなくはないのですが…でも、やっぱり、平面じゃなく空間を身につけてほしいんです。
こんな頭の固い親だから、子供は苦労します。
そして、子供は愛されていないのかと誤解するのかもしれないですね…


... 続きを読む
2009.08.08 セミの進化…
蝉の幼虫1 蝉の幼虫2 蝉の幼虫3 蝉の幼虫4

先日、親子3人で近くのすこし大きな森の公園に散歩に出かけた時のこと、公園に入るなり、「マムシ注意」「スズメバチ注意」のポスターがあちこちに貼られ、体のすくんでいた私たち親子。
わたしの体は硬直状態。早くここから脱出せねば…・と思っていた矢先。かさっと何かをけりましたが、枯れ葉だろうと気にも留めなかった私にY坊が
「ママ、今、蝉の幼虫けったよ」
と・・・。
「えっ」
見れば抜け殻ではない蝉の幼虫。
時間はまだ2時くらいと幼虫が動き出すにはまだ早い時間。
ラッキーと早速籠の中へ入れてお持ち帰り。
その後、お散歩したり立ち話をしたりしながら帰宅。
蝉の幼虫は網戸へ…
ドキドキわくわく…
生まれたての蝉の真っ白な姿をもう一度見られるなんて…

夜になり、脱皮(?)羽化(?)孵化(?)が始まりました。
最後まで見届けるぞ!!
ところが順調に進んでいたのに、急に変化がなくなりました。
夜中まで待ちましたが、途中で力尽きたのかそのまま…
ごめんなさい。可哀そうなことをしました。
手伝ってあげればよかったんかしら?
残念です。
7年も土の中で過ごし、地上に出て7日の命の蝉。
それなのに、地上での開放感を味あわせてあげられなかった…
残念です。
でも、今年は、もう一度リベンジして、蝉が幼虫から成虫になる姿を見届けたい!!

... 続きを読む
昨日は、ホントに久しぶりにパンを焼きました。
メロンパンです。
でも、失敗ですね…
味はよかったんです。でもクッキー生地がボロボロ…
まだまだ修業が必要です。
それでも、パンを焼こうという気持ちになったことがうれしいです。

お久しぶりです。メロンパン
... 続きを読む
2009.08.02 今年は…
一年前、プールで25メートルを泳げたら、タコ焼き機を買いましょう!
という目標をたて、見事に(と言っても検定では泳げなかったのですが・・・)泳げたY坊のおかげで、タコ焼き機をゲットした我が家。
それまで10年以上使っていたホットプレートがそろそろ…という時期だったので思い切ってホットプレートにいろんなプレートの付いているものを買いました。
タコ焼きは家で作るには少々失敗が多いものの、ホットプレートはホントに重宝します。

そして、今年は・・・
Y坊は5級(平泳ぎかクロールで25メートル) J坊は7級(泳法自由で15メートル)
を検定で認めてもらえたら、かき氷機を買おう!ということになりました。
こちらの学校では、夏休みが始まり10日ほどは、毎日学校で先生の指導による水泳指導。その後、お盆の週を除く前後2週間は保護者の管理のもとで解放プールがあります。スイミングに通っていない我が家の子供達にはうれしい限りです。
今年の夏休み、雨が多く、思うように学校のプール指導は受けられなかったのですが、旅行からk戻って、学校のプールに通う日々が始まりました。
帰ってくる子どもたちの顔がうれしそうです。
それぞれ検定で目標を達クリアました。

さあ、かき氷機ゲットです!!
でも、意外に売っていない我が家の近辺。それでもどうにかゲットです。
じゃじゃ~ん!!

かき氷機!!

夏休み、学校のプールを開放してもらえるのはホントにうれしいです。
それでも、スイミングに通う子供達はつまらないらしく、参加者は偏りがあるようですが・・・

... 続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。