上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
まだまだ、アメリカ旅行のことも書きたいのですが・・・

飛行機で読もうと楽しみにしていたのに、結局読めなかった本を読んでみました。

愛しの座敷わらし 上 (朝日文庫)愛しの座敷わらし 上 (朝日文庫)
(2011/05/06)
荻原 浩

商品詳細を見る
  
愛しの座敷わらし 下 (朝日文庫)愛しの座敷わらし 下 (朝日文庫)
(2011/05/06)
荻原 浩

商品詳細を見る


私のお気に入りの荻原浩さんの作品です。
なんとなく手にとって買ったのですが、来年GWに映画公開されるそうです。で、水谷豊さんが演じると言うので、私にははまり役です。
荻原浩さん、だんだん、重松清さんとダブってきました。
どちらも読みやすくて私は大好きな作家さんなのですが・・・

で、この座敷わらし・・・読みながらちょっとぞぞっとする感じもあり・・・
というのも、私の両親の其々の実家にもいるのではないかと思ってしまうからです。
普通の田舎の・・・多少地主的な家。
古民家で、外回りに廊下があり、離れ座敷があったり、土間があって、太い梁があって、梯子みたいな急な階段があって、二階の天井はやけに低くて、あちこちでミシミシ、キシキシ・・・
私も、おおらかに座敷わらしを受け入れられるといいのですが、やはり、幽霊か妖怪としか感じられないだろうな・・・
とても印象強いのが、中学生の梓美。いじめに苦しんでいて、解決できないもやもやのまま転校。だけど転校先ではうまく友だちができます。自分で一歩を踏み出したところがすごいな・・・ただ、前の学校のもやもやはどうなるのかな?そんな心配も・・・でも、強くなった心があるので大丈夫なのかしら・・・作者が男性だからか、この部分だけが珍しくしっくりこなかった。思春期の女子、そんなに甘くないんじゃないかな?って思ってしまうのは私だけかなぁ・・・

とりあえず、面白かったです。

子供たちにもっと読書しようよ!って口では言ってしまうのですが、まずは私が読書しなきゃね。
子供たちが、「このホン面白いから読んでみて」と言ってくれるのですが、私は読むのが遅くてなかなかそっちまで手が回らず・・・しかも、夜、読もうと思っているのに気が付いたらうつらうつら・・・
読書は趣味なんだからあせらず・・・でも、いい本との出会いはやはりウキウキ前向きな自分に出会えます。

... 続きを読む
スポンサーサイト
予想以上に楽しかったNY滞在最終日、お昼前までは時間があったので名残惜しんでホテル近辺をぶらぶら・・・そこでハプニング!!
パスポートなどの貴重品をチェックアウトしたホテルの部屋のセーフティボックスに忘れていることが発覚!!あわてて採りに戻り一件落着。よかった~
NYがあまりに安全だったので平和ボケしてました。

さて、午後はいよいよ今回の旅行の最大目的であるITHACAへ・・・
ニューヨークのニューアーク空港へ。
ところが、案内通りのGATEへ向かったにも関わらず、GATEが変更になっていて…
さらに予定時間を1時間半以上も遅れての出発。
ニューヨークの空港は半端なく広いので移動もうんざりするほど遠い!!
予定外に時間が空いたので、空港で昼食。飽きもせずピザをほおばるY坊を見ないふりして、私はマフィンで軽~く。

ようやく、ニューアーク空港から4O人ほどしか乗れない小さな飛行機で一時間弱。
小さな飛行機とはいえ、ほぼ満席。
NYからの距離は400km(?)東京~名古屋間ほどです。

喧噪のNYとは一転。こちらは緑豊かな田舎町。

今回の旅行の目的地がなぜITHACAか・・・

それは、19年前にパパが卒業した大学があるからです。
社会人になってからの海外留学。
パパにとっては念願だったようです。
子供時代からかなりハードに勉強してきた(半分はさせられていたのでしょうが)パパにとってはご褒美の留学だったのでしょう。
かなり厳しい条件をクリアし、残念ながら一年以上の滞在は認められませんでしたが、会社からの留学ということで、学費生活費は会社もちという好条件での留学でした。
とは言え、かなりの英語力も要求されたようなので、遊んでる暇はあまりなかったようですが、とにかく充実した一年だったようです。
だから・・・パパは海外特にアメリカに到着するとハイテンションになるのでしょうね。

前置きが長くなりましたが、その大学というのが、ITHACA にあるCORNELL大学
この街は、ホントに田舎町なので、このcornell大学と ITHACA college という学校以外にこれというものはないところ。だから、街に住んでいる人もほとんどが学校関係の仕事をしている人か学生と言った感じだそうです。
何とものんびりしていて、一歩足を踏み入れた途端、「帰りたくない!!」と叫びたくなるほど・・・

パパがどうしても家族と来たかったという強引な気持ちがあってよかった!!
留学中、やはり慣れない生活でいろいろさびしい思いや苦労もあったのでしょう。家族、夫婦連れで来ている人がうらやましかったのかもしれないですね。

ほぼ20年ぶりではあるけど、なんせ田舎街。それほどの変化は見られないようです。
変わったことと言えば、以前は年間100人ほどいた日本人の留学生が激減し、今は同じアジア人でも中国人、特に韓国人が増えているそうです。確かにNYでも多かった・・・

さあ、パパの懐かしの場所へ・・・
まずはレンタカーに乗って・・・
久々の海外での運転にドキドキでしたが・・・
今のレンタカーにはしっかりGPS ナビちゃんも付いてます。おかげで貴重な体験もできました(?)
この後、3泊する間の我が家のパートナーとなりました。
ithaca レンタカー2

さて、まずはホテルに向かおうとしたのですが、入力したはずのホテルに行く道がどうもおかしい・・・どうやらナビちゃんと気が合わなかったらしくのどかな湖畔方面へと我が家を導くではありませんか・・・
軌道修正して街の中心部にあるホテルに到着。中心部とは言え何とものどかです。

飛行機が遅れたため予定外に遅くホテルに到着しました。
チェックインを終え、部屋に入ると、疲れた母は一人ベッドでゴロン。
その間、子供たちとパパは、ITHACAのダウンタウンを散策。コンビニや雑貨屋さんを見つけてきたようです。

その後家族そろってひと眠りし、この日は日本食店へ・・・

大学のすぐそばです。
ナビちゃんのガイドで今度はうまく到着。

ithaca 5

このお店、オーナーが変わったのか名前は変わり我が家のファミリーネームと同じ「MI○○KE」でした。パパが在学当時も日本食店だったようで、内装などはあまり変わっていないということです。
ところが、久々の日本食に少々期待していたのに・・・
アメリカンサイズにアメリカンな日本食。
3人前のお寿司が大きな舟盛りで出てきたり、焼き肉丼を注文したのに出てきたのは、牛丼もどき・・・しかも平皿に・・・
それでも繁盛してました。
アメリカ人の味覚ってやっぱり理解できない。

そんなちょっとがっかりや夕食時、どうやっても船を漕いでしまうJ坊。
時差ぼけと疲れで旅行中ほとんど美味しい夕食が食べられませんでした。
この日も何とかみそスープをすすっただけ・・・

パパ&Y坊の食いしん坊バッテリーと食い気より眠気のママ&J坊バッテリー
こんなところで濃厚なDNAが現れるんですよね。

さて、そんなこんなでITHACAでの第一日目が無事に終了しました。
... 続きを読む
13時間の飛行機での長旅で到着したニューヨーク。
出発前の不安はどこへやら・・・とても、治安のいい活気のある街に予想外に大興奮の私。

海外旅行、何が不安かというと、長時間の飛行機、英語が全くできないのでトラブルに弱い!!そして何より治安の悪さ。日本で平和ボケしているのは自覚しているので・・・
以前、バリ島に行ったときには、あれほどリピータを輩出しているというのに、どうにもこうにも・・・なじめなかった。街なかを歩くと、日本人だからか、やたらに人がベタベタ寄ってきて・・・スリなのか、麻薬売りなのか・・・居心地の悪さはこの上なかった。
パリでは、とてもきれいな少女がしきりにウィンクしたりキスを送ってきたり・・・こんなにきれいな容姿に生まれてきているのに色気でお小遣いを稼いでいるのかと・・・
だから、アメリカはきっともっとすごいことが待っているのではないかと不安だったのです。

ところが!!

なんて快適なのでしょう!!
都会なので、いちいち人にかまってなんかいないし、観光バスの客引きの黒人さんですら、日本のポケティ配りの方がうざったいほど・・・

そんな、WELCOME なアメリカでの初日は疲れ切っていたので早々に就寝。
パパはといえば、日本でのパパとは大違い!とても活動的!!
夜は一人でウキウキとジャズバーへと出かけて行きました。

NY ジャズバー

そして、迎えた2日目。
朝食は、ホテルそばでかってお部屋で食べることに・・・
マックでも「いいか・・・と思ったのですが、コンビニものぞいてみることに。
結局、コンビニで、ミルク、カップ入りコーンフレーク、ベーグルサンド、パンケーキ・・・などを購入しホテルへ・・・
あまり期待していなかったはずなのに、なぜかこの朝食がうまい!!
ベーグルをその場でトーストし、卵とハムとチーズをはさんでもらって・・・旨い!!
パンケーキはもちろんたっぷりメイプルシロップをつけてくれました。

そう、思い出しました!!
もうずいぶん前、独身時代に友だちとカナダを旅した時も、食事に困った私でしたが、なぜだか朝食だけはうまい!!って思ったのでした。

そんな朝食を終え、なんせ、この日はNY市内観光を予約していたので大急ぎ。
さあ出発!!
我が家のほかに、大学生の娘さんとお父さんの親子が同乗し、日本人の観光案内でNYしないを観光しました。

詳しくは覚えていないのですが、うま~く端から端までを回ってくれたので楽しかったです。

たとえば、NY ウォール街 証券取引所
ウォール街。毎日ニュースで必ず耳にする「ニューヨーク証券取引所」大きなアメリカ国旗が引き締まっていました。観光客は主にアジア人ばかり。特に中国人。

そして、グラウンドゼロ1  
あの恐ろしいテロ事件から間もなく10年がたとうとしています。

NYと言えば、やっぱり NY 自由の女神観光5
もともとは住民向けの船だったのに今では観光用になり、さらにNY市長の計らいで市民の足なのだから…と無料にされているフェリーに乗って往復一時間の船の観光をしました。自由の女神だけじゃなく、離れた所から見るNYマンハッタンの景色もなかなかでした。

さらにNYにはたくさんの著名人が暮らしています。日本人では、坂本龍一、中田英寿・・・など
そして、オノヨーコさんが今も暮らすマンション。目の前にはセントラルパークがあり、目の前の入口からストロベリーフィールドが広がり、ジョンレノンのIMAGINEの記念碑があります。今でも愛してやまないことが感じ取られました。さて、このマンション。すでにかなり古い建物で決してハイテクではないし、かなりの老朽化も見てとれるのですが、そこは世界のジョンレノン、オノヨーコの知名度でしょう。購入するとなると60億円になりそうだということです。円高の今でも桁はずれですね。
NY オノヨーコ宅前   NY ジョンレノン記念碑

そして、国連の建物。この日は土曜日だったため国旗が出ていなかったのでわかりにくいですが、ずら~っと国旗を立てるための掲揚台が並んでいました。
国連  この建物、世界で初の全面ガラス張りの建築だったそうですが、世界初だったため、不具合も多く、雨漏りがすごいそうです。今でもアチコチ修繕しながらの利用だそうです。


そして、ハーレム。こちらも治安が悪いイメージしかなかったのですが、今は全然大丈夫です。
そんなハーレムですが。治安が悪かったころ、落書きもすごかったそうです。落書きを消し、警察官を常時配備し、治安の正常化に力を入れた結果が今のハーレム。
治安の悪さの象徴である落書き。これは自分の存在主張、自己主張の表れだそうです。落書きを消すことに力を入れていた時期、住民の帰宅路に明るさを見出すために書かれた落書きだけは消さなくていいと言われたことがあったそうです。その落書きを描いたのがフランコさん。今でも、ハーレムの道端で自分の絵を売りながら生活をしているそうです。午前は観光客相手に仕事をしているそうですが、おじいちゃんなので午後は家に帰ってしまうとのこと。でも運よく出会うことができました。とても明るく気さくで、我が家では一枚20ドルの絵を(実際にはコピーでした)選びきることができず、結局3枚を50ドルで買うことになりました。もちろん直筆のサイン入りです。
フランコさんが健在なことからも、ハーレムの治安が悪かった時期がそんなに遠い昔ではないことが分かります。  ハーレム
そしてハーレムのもう一つの顔。そう、アポロ劇場数々のアーティストの登竜門らしいです。洋楽をほとんど聞かない私はよく知らないのですが・・・
アポロ劇場

このフランコさん、かなりの有名人みたいです。改めてHPをみて驚いています。実際にお会いし出来てなんて幸運だったのかしら・・・今更ながら・・・いつまでもお元気で!
ハーレムのフランコさん
こちらでもよくわかります。
ハーレムのフランコさん2

余談ですが、NYで最近おしゃれな場所がいくつかあり、そこにはある法則があるそうです。
まず、運搬の進歩により人が住む必要がなくなる場所ができる。人がいなくなると、犯罪が増える。大家さんは困る。警察の目が届くようになる。安いうちに若手アーティストが住むようになる。面白い場所という評判が立つ。知名度が上がる。人気が出る。おしゃれなホットスポットとなる・・・とざっとこんな感じだそうです。NYは今や5番街よりもSOHOと呼ばれる場所に人気があるそうです。時間があればもう少し探索したかったな~
たとえば、横浜のレンガ倉庫に似ている場所
NY 観光4   NY 観光1

... 続きを読む
今年の夏休み、我が家は久々に海外旅行に出かけました。
行き先はアメリカ。

ここ数年、あまり出かけることが無かったので、久々のお出かけです。

一週間の旅程で・・・

東京(成田) → NY 13時間
の旅はやはり遠いですね。
若かったころは平気だったのに、最近、飛行機はあまり得意ではないので・・・
でも、最近の飛行機は各座席にテレビがついていて、各自、思い通りにビデオを見たり、音楽を聴いたり、ゲームをしたり・・・快適です。
退屈しないようにと用意した
ロンポス コスミック クリーチャーロンポス コスミック クリーチャー
(2010/10/30)
ハナヤマ

商品詳細を見る


チャレンジミッケ!6 こわーいよるチャレンジミッケ!6 こわーいよる
(2009/08/20)
ウォルター ウィック

商品詳細を見る
  や  
チャレンジミッケ! 4 サンタクロースチャレンジミッケ! 4 サンタクロース
(2006/11/07)
ウォルター ウィック

商品詳細を見る

等は必要なかったです。

私は、先日購入した本
愛しの座敷わらし 上 (朝日文庫)愛しの座敷わらし 上 (朝日文庫)
(2011/05/06)
荻原 浩

商品詳細を見る
  
愛しの座敷わらし 下 (朝日文庫)愛しの座敷わらし 下 (朝日文庫)
(2011/05/06)
荻原 浩

商品詳細を見る


を読まずに楽しみにしていたのに、やはり読めずに・・・
こんなことなら読んでおけばよかった・・・

まあ、結果的に退屈しなかったことはとてもありがたいことなのですが・・・

ただ、時差がほぼ半日、つまり、昼と夜が全く逆の場所への旅行なものですから・・・
飛行機で寝なかったら、そのまま寝ずにまる一日以上過ごさねばならず・・・何度も言い聞かせたにも関わらず、結局、ハイテンションなまま現地到着した子供たち。やれやれ・・・

で、まず、到着したのは、ニューヨークJFケネディ空港。

私にとっては初めての場所。しかも治安が悪いのではないかとあまり気乗りしなかった場所です。
とにかく治安が悪い場所にわざわざ出向くのは嫌な私ですから・・・

でも、NYは私の予想を全く覆すほどいいところでした。私の中のNYのイメージがすっかり変わってしまいました。

一日目
到着してまずはホテルに荷物を預け、

NY ホテル


向かった先は ヤンキーススタジアム。

ヤンキーススタジアム1  ヤンキーススタジアム2  

残念ながら、長時間の飛行機と熱波に襲われているアメリカの暑さ、日差しに負け、パパが家族に気を使って高額で購入したチケットもあまり行かされず、座席に座ることはほとんどなく・・・日陰でホットドックとジュースをほおばり、ヤンキースのリードにご機嫌なアメリ人の雰囲気を味わうことはできたものの、早々に退散したのでした。地下鉄にも乗れたので、ちょっとNYを感じることはできました。
さすがにアメリカ。疲れに負け、ほぼ歩きながら寝てしまったJ坊。地下鉄に乗ったら、立ったまま爆睡。日本なら、この状況、おそらく誰かが席を譲ってくれることでしょう(ま、最近の東京じゃそうもいかないかもしれないけど)でも、目の前の若者も全く無関心。逆院ちょっと驚いた様子で眺めるだけ・・・
やはり、都会は厳しいです。
それにしても、NYの地下鉄は怖くて乗れないものと思っていましたが、全然イメージとは違ってきれいでした。後で知ったのですが、NYでいちばん治安の悪いのがこのスタジアム周辺だということ。NYって安全な町だったのね。





... 続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。