FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
春休み。Y坊が毎日忙しく家にいないので、J坊はただひたすらに暇なんです。
母も何かとY坊に振り回され、Y坊のいない時間はまったりモードでなかなか付き合っていません。
ホントにごめんなさいです。

先日、本屋さんで
米村でんじろうのDVDでわかるおもしろ実験!!米村でんじろうのDVDでわかるおもしろ実験!!
(2009/04/24)
不明

商品詳細を見る


を見つけました。
春休みにも実験キットがほしかったJ坊ですが、春休みも残りわずか・・・
母から二人へのささやかなご褒美として買ってみました。

昨日、DVDをみたら、もうたまらない・・・!!
早速、あれもこれも試してみたくなるJ坊です。
母は、昨日は疲れきっていてDVDをみながらウトウト・・・その後は本格的にお昼寝。かわいそうなJ坊ですが、母の耳元であれやこれや許可をとってます。母は寝ぼけていながら適当に返事。
かわいそうなJ坊でしたが、その後、すっきりお目覚めの母と実験にかかりました。
かんたん実験とは言ってもなかなか家でやるには目も離せないし、いろいろ支障が出ます。(こんな事だから子供が伸びないのよね・・・)
その中から、ブーメランとふしぎな片栗粉実験を試してみました。
ブーメランはまだまだ修行が必要そうでしたが、片栗粉の方は何とも言えない楽しさでした。
片栗粉を水に溶かすだけなのですが・・・
これには、帰宅直後のY坊も参加して大はしゃぎ!!
簡単なのでぜひお試しを!!
口にするものを遊びに使うのはどうかとも思うのですが…大目に見て下さい。

片栗粉実験

どんな実験かというと、片栗粉の特性を試すものです。
片栗粉に水を混ぜお団子を作ります。お団子をこねている間はお団子なんだけど、手を止めると・・・


春休み、猛勉強!?中のY坊の横で遊ぶとますますとばっちりを受けるJ坊なので、事あるごとに どんぐり算数 を進めてみました。
糸山先生の指導通りにはいかないのですが、問題をお借りしてます(ホントはいけないんだよね)
背伸びしたガリッ子のJ坊なので、難しかったら少し前(1年生)のにしてみる?なんて聞くと余計意地にもなるし、ドングリを嫌がるので、好きなようにさせることにしました。
先日はY坊にもどうかとアウトプットしてみた教材の中からやってみたいというので5年生の問題にチャレンジ!!でも、母子ともあえなく撃沈。
「難しいね~」とさすがに感心した様子。
その後、別の日に3年生の問題にチャレンジ!こちらは何とか解けるので、ちょっと嬉しい感じ!!それ以来、2年生以下は封印状態。3年生の**番と適当な数字を言って問題を選んでいます。なかなか絵から書き始めることはなく、数字を操作するのが好きなJ坊です。うまく整理して式をかけるわけではないのですが…答えまで導きだせるので、はなまるを付けた後に「絵も描いてほしいよう」とお願いすると、そこからは張り切って絵を描きます。
Y坊に5年生の問題を解かせてみたらあっさり・・・やはり、Y坊こそドングリ向きだったと思います。
受験算数、難しすぎて・・・現実を目の当たりにしてお涙もののY坊ですが、受験にはとても前向きなのがオドロキ!!現実を考えると親としては、この一年が報われることの方が厳しいと感じるので複雑です。勉強したことは無駄にはならないと思うので、本人のがんばれる範囲で頑張らせてみるつもり…

さて、春休み後半、J坊も塾の春期講習というのに参加してます。
本人が行きたいというので申し込んだのですが、話を半分しか聞いてなかった母の間違いで、J坊は週に一回だけ通うつもりだったみたい。なんとかなだめて行かせています。でも、そこはJ坊なので、楽しそうに勉強してます。
そして、春休み以降も続けることになりました。(親としては複雑ですが、ま、やりたい気持ちがあるなら・・・)
クルマの運転に未だ恐怖感のある母なので、行き帰りはもちろん自力です。
3年生になりたてのJ坊ですが、公共のバスに乗って一人で通ってます。頼もしい!!
母のころには当たり前だった気もしますが、いまどきでは、なかなかしっかりしたお子さんに見えるかも!!なんてね!
Y坊と同じ所なのでY坊の授業料でJ坊の授業料はただで、バス代も出ちゃうかもっていうくらいに割引してもらえるんです。だから通わせられるのかもね・・・
授業は、少人数なのでもちろん先生の目もばっちり届くし、二人とも学校よりも堂々と手を挙げて発言しているようです。この先どうなるかはわかりませんが、今はこんな感じです。
授業そのものは低学年にはう~ん・・・ま、そこは置いといて。

困ったこと。それはY坊のストレス
①自分が塾に行き、勉強し、宿題をこなしているのに、暇そうに見えるJ坊がうらやましい。
②J坊にも塾へ行って勉強してほしいと、自分と同じ境遇を要求していたにも関わらず授業に十分ついていき得るJ坊が楽しそうに見える。そして劣等感を感じる。
③塾でもらえるポイントシール、始めたばかりのJ坊のほうがいっぱいもらえる。

何もかも悪循環な性格の違う兄弟。私にも覚えがあるのでどちらかというとJ坊の気持ちがよくわかります。
でも、ここで、Y坊にばかり目が行くと悲しい現実が来ることもよくわかります。難しいです。
わがままにもとれるY坊の行動ですが、思春期の入口とも重なって、Y坊なりに苦しんでいるようです。
母もヘトヘトです・・・
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://babyfinger.blog24.fc2.com/tb.php/325-ddaf3fbb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。