FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日、J坊とまたた理科実験教室に行ってきました。

午前中はサッカーの練習があったのですが、いつも大幅に延長する練習時間。
暑い中ぎりぎりのスケジュールで行動するのは母に自信がないので、お休みしました。
J坊は複雑な心境ですが、試合でないので、あっさりサッカーはあきらめました。

さて、今回の実験はズバリ
「メダカ博士になろう」
でした。
学校では5年生の課題(Y坊は確か五年生でした)を2~3年生の子供たちにさせるところが塾の先取り学習なのでしょうか?
今回は、実験といっても、手を動かすことはほとんどなく、ほぼ講義を聞いていうr感じです。
でも、目の前に自分用のメダカの卵が2個。
スポイトを使って取り出してみたり、虫眼鏡を使ってじっくり観察したり・・・
やはり、楽しそうです。(内心、仲間に入れてほしかったです)
講義の中で、メダカが「絶滅危惧種」に指定されていることとその理由。
メダカの習性。
魚なのに泳ぎが苦手なこと。
そして、オス、メスの見分け方・・・
いろいろ学んで帰ってきました。いつまで、この知識が頭に残っているのかは???ですが。

そして、二日たった今日。じゃ~ん!!!

メダカの赤ちゃん メダカの卵
赤ちゃんが生まれました!!
醜いかもしれませんが、となりにあるのは間もなく生まれてくるはずの卵です。
小さな小さな卵から小さな小さな命が生まれました!!

さて、昨日は、Y坊の付き添いで、某私立の学校で行われる模試に行ってきました。
久々に朝7時台に家を出てお出かけ・・・
幸い、遠くは無いところでしたので・・・

Y坊にとっては初めての模試です。
塾でほぼ毎月行われる試験は受けていましたが、4科目受けたのはまだ一回きり、今回は首都圏の広範囲、大多数の中学受験を目指す子供たちが受ける模試です。
母の方がドキドキ・・・そして我が家が何と出遅れていることか・・・と実感。

正直言って受験にはたいして興味もなく、否定感すら抱いていた私ですが、実際に動き出してみると何なんだろう・・・あっという間に洗脳されてしまって・・・
ま、出だしも遅ければ、急ぐことの困難な性格のY坊。
我が家はこの先どうなるんだろう・・・

その模試の試験に季節がらなのでしょうか?メダカの問題がばっちり出ていました。
おやまあ~

Y坊の出来?
これは、まあ、期待はしていません。まだまだ、準備不足だし、まだ追いついていない内容もたっぷり・・・

でも、世の中の小学生ってこんなに勉強しているんだな・・・毎度のことながら、我が家の教育の後始末をどうつけるべきなんだろうか・・・自問自答・・・

そして、私立の先生のお話を聞いていて思うこと。
ゆとり教育がいかに間違っていたか・・・いかにその意図が伝わっていなかったのか・・・
公立にはない私立の魅力。
でも、実際入学すればどうなんでしょうか?
そこはかけなんでしょうね?

そうなってくると、勉強したからには意地でも私立。
私立はあくまでもチャンス。失敗したら気持ちを切り替えて公立で出直し?
ん~難しいなぁ
まだまだ11歳のわが子の将来。そんなことで決まるとは言えないけど、でも、大きく変わるかも・・・

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://babyfinger.blog24.fc2.com/tb.php/342-2017ebc1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。