FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.12.27 今年も・・・
月日の流れが速すぎます!!

あんなに悩んだ末、ようやく決まったクリスマスプレゼント。
大人になってもウキウキわくわくのクリスマス!

だけど、あっという間に過ぎ去り・・・

もはや年末。

大掃除もおせちもまだまだ・・・
今年こそ、気持ちだけでもゆったり・・・
と、思ったのですが、身体ばっかりゆっくりスローペースで・・・
このまま年を越すことになるんだな・・・

ま、生まれもっら性格。ちょっとやそっとじゃ変えられない!!
育児をしていちばん痛感してるのは私です。ぼちぼち行きましょう!!

さてさて、クリスマスのお話と行きましょう。

今年は24日イブの日が学校のは2学期9の終業式。
なので、お友達とプレゼント談義はできません。我が家にとってはホッ

さて、今年のプレゼント、子供たちの反応は?
まずまずでした。
もう、ゲームが届くことはとっくにあきらめていますから・・・
今年は、二つのプレゼントに宛先を書かずに置いておきました。
さて、それぞれが選んだものは・・・
Y坊
ブロックスブロックス
(2002/04/01)
ビバリー

商品詳細を見る

とても楽しいです。Y坊もお気に入り!ただ勝利できないことにいらいらすることだけは否めませんが…

J坊
電脳迷路ゲーム A~!!電脳迷路ゲーム A~!!
(2010/07/16)
タカラトミー

商品詳細を見る

こちらは一人で行うゲームです。Y坊がいない冬休み、退屈しないで済んでくれたら・・・と母の願いが詰まってます。そして、予想通り、母とJ坊はどっぷりはまってしまいました。

もう、そろそろサンタさんの正体もばれているようですが、ばらしたら、そこで終了。親も子も承知です。一体いつまで続くのかしら・・・

さて、家族でのプレゼント交換は・・・
パパから
Y坊へ・・・念願の爆丸。最近のはやり物。相変わらずですが、ご満悦
J坊へ・・・サッカーボール。まだ手元には届いていません。
ママへ・・・なんとY坊へプレぜdんとしようかと迷っていたCDデッキ。奮発してくれました。ありがたや~

ママから
Y坊へ・・・
オタマトーン(ホワイト)オタマトーン(ホワイト)
(2009/11/01)
キューブ

商品詳細を見る


J坊へ・・・
アディダス ジュニアキーパーグローブ ホワイト E0228 802138アディダス ジュニアキーパーグローブ ホワイト E0228 802138
()
adidas(アディダス)

商品詳細を見る


パパへ・・・
クロックマン B型クロックマン B型
(2009/11/19)
タカラトミー

商品詳細を見る


Y坊から
パパへママへ・・・それぞれ花束でした。とってもきれいです。
J坊へ・・・おっきなポケモンのクリスマスお菓子バッグ

J坊から
パパへ・・・とってもキュートな駄菓子
ママへ・・・お花(エリカ)の苗
Y坊へ・・・コロコロコミック

それぞれがそれぞれを思ってのプレゼント交換。年々、予算が増えていっているのが残念ですが、こそこそする必要無く、思い通りのものを選べて楽しいです。


さて、ゲーム機を極端に避けてきた我が家。
はたしてよかったのだろうか・・・・
今でも、悩みの種です。
今年もクリスマスプレゼントにゲームカセットをゲットしたお友達も多く、時折見せるうらやましそうな顔を見ると、残酷な親だなって胸が痛みます。
ここまできたら引くに引けないのですが、J坊も間もなく4年生、当初の目標、Y坊が4年生になるまでは・・・を超えたので、少し気が楽になりました。

とにもかくにもあとひと月あまりすれば、泣いても笑ってもY坊の中学も決定している予定。
過酷な冬休みですが、がんばってます。
笑顔が絶えないのが何よりの我が家です。

今年も無事年末を迎えられたことに感謝です。
さて、話は戻って・・・

終業式といえば・・・「あゆみ」です。
今回は、ちょっと期待していたのはY坊も母もいっしょです。
だって、学校のテスト、結構がんばった点数を取ってくるんですよ!!
ま、塾と受験勉強のおかげですけどね・・・

でも、現実って厳しいですね。
Y坊の成績、ほんの少し下がってたんです。
授業態度は多分変わらないからでしょう。
でも、あんなにがんばって学校にもサボることなく通って、遊ぶ時間を削っていたY坊なのに、なんだか不憫にkなじました。
テストの点数だけで成績をつけるのは間違っているとい思います。
でも、少しくらい評価してほしかったな・・・
それとも、あの程度の点数は普通にみんな取ってるってこと?
でも、それにしては前と変わらないっていうのはおかしいな・・・
なんともいえぬ、学校への不信感が・・・
そう考えだすと、Y坊の性格からして公立の中学で試練を乗り越えるのは至難の業かも・・・とあせりに似た気持ちが沸き立つ母なのでした。

ま、それは大したことではないのですが・・・

Y坊は、ものすごく大きな課題があるのです。
幼稚園時代から変わらぬ課題。
それは、集団で先生の話に集中できないこと。もしかしたら何らかの障害があるのかも…と不安がよぎります。
と、言うのも、クラス全体に指示を出しても、聞いていないことがあり、出遅れたり、迷惑をかけたりするようなのです。でも、こればかりは、どうやって身につけさせればいいのか・・・何がいけないのか・・・
家で指示を出すと言っても、4人の核家族。集団とは言い難い・・・
Y坊に尋ねてみました。
「先生が話し始めた時、何を考えちゃうの?」
「たとえば社会の授業中だったら、急に伊藤博文ってホントに初代総理大臣だったのかな?」とか「算数だったら、あんなに難しい流水算をスラスラ解ける人ってこのクラスにいるのかな」って・・・
と、きっかけは些細なのですが、自分の頭の中の世界を広げていくのだそうです。
困ったものですが、こればかりは、先生の話に興味が持てない限り、つまり、これから行う作業がY坊の興味をそそらない限り解決しそうにないですね。
笑っちゃいますが、幼さもあるのですが、Y坊も少しずつ考えごとの内容が進化してるなって思った母なのでした。
とは言え、このまま中学生になるのかと思うと不安です。
何か解決策は無いんでしょうかね?

ただ、先生との相性も大きいことは確かで、Y坊と相性のいい先生が担任だったころはこういうこと、あんまりなかったんです。
彼の持つ繊細すぎる直感で人との距離が延び縮みするんですね、きっと・・・

J坊も今年は手厳しい評価をされていますよ!!
ま、頭を抱えるような成績ではありませんが、実はこちらも・・・

授業中、早く課題の終わった子は本を読んで言いそうなのですが、本読みたさもあり、課題はさっさと終わらせることのあるJ坊ですが、これが困ったことに、本を読みだすと、みんなの課題が終わり、」次に進む頃にも本に夢中で先生の指示が耳に届かないとのこと。
まさか・・・やはり兄弟なのですね。
でも、これに関しても、母は思うところがあり、本を読みだしたらそんなに短時間で切り替えができるものなのかな?と・・・却って集中してしまうJ坊ってすごいなって思ってしまったのですが…
実はこの話を実母にしたところ、実母も、そりゃ、子供は本を読みだしたら夢中になるもんじゃないの?という返事。やはり、私の育った環境がこの子たちに影響を及ぼしているのは間違いないですね。

いろいろ、不安もよぎる子供たちの成長ですが、ま、今のところ、単純明快、天真爛漫差が残っているので、母としては多くを望まないことを来年も心がけたいと思います。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://babyfinger.blog24.fc2.com/tb.php/372-87ff2d40
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。