上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
無事、中学入試を乗り切ったY坊ですが・・・
やはり、いろいろやらかしちゃう親子です。

Y坊は、同じ学校を4回受けて、ようやく合格をいただきました。つまり、ぎりぎりってことですね。

ま、とにかく終わったので、入試期間中のエピソードを・・・

初日、午後入試も受け、ヘトヘトの中帰宅する途中、改札機の前で
「財布が無い」
ポケットにもカバンにも・・・
あわててホームを探しても・・・
駅員さんに相談したところ、乗車した駅で落としていたということ。
ホッとしたものの、また引き返して財布は無事戻ってきました。

PASMOって便利ですね。
名前が書いてあるうえに、所持者のデータが入っているのですでに自宅に連絡済み。
「女の子が電話に出てくれました」と・・・女の子?J坊のことでした。
そして、J坊から母の携帯の留守番電話にメッセージが・・・しっかり者で助かりました。

朝からバタバタの一日であまりにも疲れたので、J坊をお留守番させているにもかかわらず、ほんの少しお茶でもしていこうと思ったのですが、却下。
しかし、疲れていたので、母は思考能力もなく、一個500円以上もするケーキを4個購入してしまった母。
冷静に考えるとあり得ないでしょう。

そして、2日目
この日も朝からバタバタ。
午後入試の移動もあり・・・
へとへと・・・夕食後ソファでぐったりする母でしたが、珍しくお風呂の準備をしてくれたY坊。
「栓はしてくれた?」と確かめたにも関わらず、入ろうとしたらお湯が無い!!
これには家族みんなからブーイング。
一番疲れているはずの彼がなぜか責められた。

気を取り直して3日目。
この日は可能性としてはラストチャンス。
朝から、少し厳しい口調で激励してしまい、少し後悔の母でした。
でも、朝、送ってくれたパパいわく、いちばん気合が入っていたと・・・
やはり、幼い・・・

試験後、塾へ寄っていこうと言い出した母に
「合格の報告じゃないと先生は嬉しくないんだよ」
「でも、駄目だったことも伝えなくちゃ」の会話に、過去三回の入試について
「ダメだったの」と泣き出すY坊。
確かに結果は言わないで!といわれていたので、言葉では伝えていなかったのですが、2日目を受けるということは・・・気付かないって・・・入試以前に、ちょっと不安になる母。
なんとか説得し、塾へ行くと、担当の先生(事務担当)がいろいろ励ましてくれる中
「思ったより、けろっと元気でよかったです」と・・・いやいや、この子にはこの状況の大変さがわかっていないんです。と突っ込みたくなる母。
それでも、「本命(無謀校)は明日だし、過去問もしっかり取り組んだから大丈夫だよ」と励まされたことを真に受け、けろっと帰宅。それでも、さすがに、家に帰ってからは不安定な状態。
母は、もうほぼ諦め、公立中学進学での不安なことばかりが頭をよぎっていました。

インターネットでの合格発表の時間も迫っていましたが、気を取り直し、がっかりして食べられないよりは・・・と、のんきに恵方まきを食べていまいました。母が間違って購入したワサビ入りの鉄火巻きに涙を流しながらチャレンジするも断念した子供たち。運が逃げなきゃな・・・と願っていたまさにその時、先ほど話したばかりの塾の先生から電話が・・・
でも、。こちらののんきな対応にちょっと戸惑い気味。
「あれ、もう発表の時間過ぎてますよね?」とか「受験番号は共通ですよね」とか・・・
もしかして?と思った母は「かけ直します」と電話を切り、あわてて携帯電話でHPを開いてみました。
「あった~!」さすがにY坊と抱き合って喜びました。

合格を手にするまでは、後の日程では、進学は別にして、がんばったご褒美に合格のとれる学校はどうですか?ということも勧められましたが、あきらめなくてよかった!!

しかし、Y坊はいつもこうなんです。
生まれるときも、早くから予兆があった割にぎりぎりまで生まれず、周りも疲れきって、母は疲弊しきったところに生まれてきたし・・・早くから歩き始めた割に、ほかの成長はのんびりだったり・・・
出産本、育児本、偏差値表、入試対策本・・・どれもこれも、例外にいる子なんです。
まったく・・・
これからも振り回されるんでしょうね。
やれやれ・・・






ま、とにかく、疲れた一週間でした。
塾という商売のことも少しは分かったし・・・
優秀なお子さんの日常もわかったし・・・
学校と世間のギャップも思い知らされたし・・・

そんな中、昨日は「発達障害ということ」という講演会が学校であったので聞きに行きました。
聞いているうちに、うちの子にも当てはまることが多くて、不安になりました。
わが子だけでなく、クラス内に結構いるんじゃないか?と・・・
いわゆる線上なんだよね・・・

こちらも今後難しい問題となっていくんでしょうね。

理解はしたいけど、一番理解しなくちゃいけない親にとっては難しい問題ですね。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://babyfinger.blog24.fc2.com/tb.php/379-e785cf32
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。