FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
早いものでGWが終わってしまいました。
このひと月、我が家では・・・

特に変わったこともなく・・・

Y坊はようやく学校にも慣れてきました。
その分、疲れも出てきましたが・・・5月病も心配。
クラスでお友達もでき、とうとう部活も吹奏楽部への入部を決めました。

4月中旬にY坊の学校でPTA総会とクラス親睦保護者会がありました。
母一人で出かけました。知り合いもいないのでドキドキでしたが、ホッとしました。
PTAは中学高校合同です。会長、監査など、主要なポストにはお父さんの名前が並び、裏方にお母さんたちの名前が並びます。そのためか、きりっとした雰囲気の中でも、余裕があり、しまった感じがしました。
PTA行事も楽しそうで、お父さんたち向けは年4回ほど園芸活動サークルなるものがあったり、平日の開催ですが、聖歌を歌ったり、聖書の勉強会があったり、演劇鑑賞や日帰り旅行など、ちょっと魅力的でした。
私は早速明日、聖書関係の集まりに参加してくる予定です。
パパは園芸に参加してみようかな・・・と。
支払う学費その他が高額なので、できれば、参加していきたいなという印象を持ちました。

クラスの保護者会で、こちらでもクラス役員を決めるのですが、前もってできる、できないというアンケートが先生から配られており、それを踏まえて、自己紹介の後、先生主導で決めます。(小学校は保護者の仕事なので気まずかった…)
そちらも活動が土日ということもあるのか、すんなり決まり、とても気持ちよかったです。
その後、Y坊から名前を聞いていたお友達のお母さんに挨拶したり、先生に少し相談事をしたり・・・
そんな中で、Y坊から名前を聞いていたお友達のお母さんに声をかけてもらい、なんだか意気投合。
子供の話をするにつれ、そっくりなわが子たち。
せっかくなので…とお茶をして、初対面とは思えないくらいいっぱいお話をして、いい出会いでした。
その後、そのお友達と一緒に吹奏楽部への入部を決めたのでした。
剣道部やサッカー部、バスケ部、ほかの部も見てほしかったけど、思いのほか意思が固いので・・・
とりあえず、一件落着。試練はこれから乗り越えてもらいましょう。

大震災を機に、Y坊の学校でも申請が必要だった携帯電話の所持も許可されました。
ただし、学園内では電源オフ。使用が見つかったら没収。生徒への注意。その後保護者が学校まで取りに行くという厳しい規定ができました。
通学に時間がかかるのでY坊にも持たせたいと思っていたところ。とりあえず、塾通いで使用していたトランシーバー携帯(パパ、ママの電話CメールにしかつながらないEメール、インターネット不可)を持たせることに。
と、なると、塾通いのJ坊の携帯が無くなるので、我が家ではもう一台トランシーバー携帯が必要かも・・・
悩むところですが、親としても安心感があるし・・・

ま、そんなこんなで、部活が始まり、帰りが遅くなったり、委員会活動で朝早く出かけたり、間もなく初めての定期テストがあったり、まだまだ緊張感が抜けない生活ですが、少しずつ制服も様になってきました。


J坊は・・・
こちらは新しいクラスに翻弄されながらも、相変わらずひたむきに・・・
塾の宿題に追われる姿が痛々しいです。
それでも努力は報われるのか、塾でのテストの結果が認められ、選抜クラスへの特別参加のお誘いが・・・
残念ながら、母もJ坊もそれほど魅力的には感じず、まだまだ4年生、今からそんなに躍起になるほど勉強好きではないことを思い知らされたのでした。・・・というより、宿題に追われ、勉強嫌いになりつつあるJ坊の生活に戸惑いを感じる今日この頃です。

そんな我が家のGW。
この数年、あまり、活動の無かった我が家でしたが・・・
5月1日に主人の実家で報じがあるため帰省。
残念なことに、Y坊の学校の土曜授業のことをすっかり忘れて予定を立ててしまっていたため、J坊とパパは二泊、Y坊と母は一泊でのあわただしい関西帰省となりました。

そして5月3日。GWだというのに、関東在住の我が家が東京ディズニーシーへ出かけました。
あいにくの空模様でしたが、昼過ぎまでは雨ももち、お目当ての乗り物にも乗れました。
要領も悪く、下調べもないままだったので3時間待って3分のアトラクションには閉口しました。
子供たちからは口をそろえて
「東京順番待ちランド」との異名を命名されましたが、物ごころついてから初めてのディズにリゾートに子供たちは大満足のようでした。
母としてはせっかくなのでもう少し、ショーやステージを見たかったのですが、準備不足でした。
しかし、高~い!!

でも、先日、テレビで大震災時のディズニーランド、およびスタッフの方々の対処を見て、感動しました。ディズニーランドで働くということがプライドなんだと・・・
昔、バリ島で泊まった、ちょっとお高いホテルの従業員さんを思い出しました。
どんな仕事でも、仕事にプライドがあるかないかで、有事の対処が大きく違ってくるのでしょうね。

大阪西成地区の職業紹介所で、宮城と偽って福島への仕事をあっせんしていた問題。あれはもしかしたら、労働者をバカにしていたんじゃないかなってニュースを見ながら思った私です。


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://babyfinger.blog24.fc2.com/tb.php/390-7d3b6830
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。