上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
週末に急きょ主人の実家に出かけることになりました。
関西への1泊2日。3連休の初日に新幹線の予約もせずに出かけたものですから、座席も確保されていなかったので、バタバタでしたが、生まれ育った関西なので、やっぱり落ち着きます。
今回は入院中の義父のお見舞いなので、どこに行くということもなかったのですが、お天気もよく、暖かくて、車窓からは行きも帰りも富士山がきれいに見えました。大阪から小一時間のベッドタウンまでたどり着けば紅葉真っ盛りで、何とものどかです。空気もおいしくて、行楽に来たようでした。
紅葉2

急きょ帰省した子供たちにと、義姉がわざわざお菓子を送ってくれました。嫁ぎ先でコンビニを切り盛りするとても尊敬すべき義姉です。クリスマスに向けてお店で取り扱っているお菓子なのでしょう。とっても可愛いです。あんまり可愛くて、私が一番はしゃいでた?
クリスマスキャンディ
クリスマスクッキー

こちらに戻って、夫とY坊、私とJ坊のそれぞれに分かれて用事を済ませ帰宅することになりました。
二人で手をつなぎ歩き始めた時、J坊が「なんか、幼稚園のときみたいだね…」と一言。ほんとにその通り、3年間、毎日こうやって二人で手をつないで歩きました。そして私はJ坊にどれほど慰められたことでしょう。
少し悩みがあり、手をつなぎながらぼんやり上の空で歩く私をじっと見上げ「ママ、Jがいるから大丈夫だよ」って…「えっ?」びっくりしました。毎日、一緒にすごしていると伝わっていたのですね。何度も救われました。
園バスがない幼稚園は人気がないと聞くことがあります。でも、私には、幼稚園の送迎が何よりの宝物です。生まれた時から兄がいて、いつも振り回されていたJ坊との貴重な二人きりの時間でした。J坊にとってもいい時間だったのかな?…と少しうれしくなりました。普段、聞き分けのいいことの多いJ坊です。その素には、幼稚園時代があったのかな!
一年生になりたての頃は背伸びをして、手をつなぎたがらなくなっていた子供たち。最近二人が私の両手を奪い合うように…なんだかとっても嬉しい母なのでした。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://babyfinger.blog24.fc2.com/tb.php/44-ef0f9f74
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。