上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Y坊が二年生にあがるとき、そろそろ勉強もさせなきゃいけないかな?
って、周りが見えない親は重い腰を上げ、通信教育を選び始めました。
いろいろ検討した結果、値段は一番高かったけど、内容も一番気に入ったZ会を受講することに。
Z会
何が一番気に入ったかというと、親子学習があること。
毎月、二つのお題が用意されていて、ひとつを選び、親子で取組み、その後絵日記風にレポートを出すというもの。
気に入って始めた割には、あまりこなせませんでした。
私に、余裕もなかったんでしょう。
上の子と向き合う時間がなかなかとれなくなっていたので、Y坊を主体にする時間にするはずが…

Z会と言えば、とても優秀なイメージがあります。確かに実績もありますし。
でも、Z会がすごいのもあるけど、あの教材をこなせる子、こなす環境をつくる親はすごいと思います。
逆にいえば、そういう親子は何もやっても伸びるんだろうなって思います。

一年間は無事過ごし、どうにかペースもできたころ、血迷った私が受験コースをとることを決め、我が家のZ会はフェードアウトしてしまいました。
まあ、我が家はこんなもんだったのかな?

2年生の親子学習では、春のちらし寿司つくり、季節探し、家の近所の地図作り、手話をやってみよう、パンを作ってみようなどがありました。
3年生の受験コースでは、親子実験がテーマにありました。お酢と塩と炭酸、砂糖などを使った身近なもので酸性、アルカリ性を調べる実験、発泡トレーと輪ゴムを使って楽器を作り、音の強弱、高低を感じ取る実験…
など、ほとんど忘れてしまいましたが、今となっては、続けたかったなって思います。
携帯の写真フォルダにこんなものが残っていました。
おすしのおはな
Z会の課題でY坊と作ったちらし寿司です。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://babyfinger.blog24.fc2.com/tb.php/69-42144624
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。